SAPとヴァル研究所がシステム連携

株式会社ヴァル研究所(以下、「ヴァル研究所」)は、2020年6月5日、クラウド人事システムである「SAP(R) SuccessFactors(R)」と、通勤費管理・申請システムの「駅すぱあと 通勤費Web」のシステム連携をスタートすることを発表しました。

登録された社員の自宅住所情報と勤務先所在地情報から、最新の公共交通機関情報・運賃情報をもとにした、社内規定に即した最適な通勤交通費を簡単に申請することができます。(プレスリリースより)

HXM事業パートナーに

「SAP(R) SuccessFactors(R)」は、SAPジャパン株式会社(以下「SAPジャパン」)が、「駅すぱあと 通勤費Web」は、ヴァル研究所が提供しているシステムです。同システム連携の背景は、ヴァル研究所が、SAPジャパンのHXM(Human eXperience Management)事業パートナーとなったことです。

ヴァル研究所は、12万を超える会社と取引実績を持つ、1976年創立の会社です。MS-DOS版経路検索システム「駅すぱあと」(1988年)の提供開始から、公共交通機関データを活用し、法人および個人を対象に、多種多様なサービスを提供しています。

(画像は@pressより)

▼外部リンク

株式会社ヴァル研究所
https://www.val.co.jp/topics/2020/060501.html