Oracle Databaseに割いていた人員や費用を削減

6月11日(木)、日本リミニストリート株式会社は、株式会社伊予銀行がOracle Databaseのサポートをリミニストリートに切り替えたことを発表しました。

リミニストリートはOracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートの業界リーダーであり、エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスを世界的に提供する企業です。

株式会社伊予銀行は、リミニストリートに切り替えたことで削減できた人員や費用などのリソースを、顧客サービス向上のための新たなプロジェクトの開発などに振り向けていくとしています。

15年間の継続サポート

株式会社伊予銀行がIT経費の見直しを図ったところ、Oracle Databaseの保守費用が大きな負担になっていると発覚したことがリミニストリートに切り替えた理由のひとつです。

リミニストリートに保守サービスを移行することにより、株式会社伊予銀行はOracle Databaseシステムを大幅に低い費用で維持可能になったのに加え、高価なシステムアップグレードが不要になりました。

リミニストリートは契約成立後少なくとも15年間、現在の安定したOracle Databaseに対する高品質かつ迅速なサポートを株式会社伊予銀行に提供します。

(画像はPAKUTASOより)

▼外部リンク

伊予銀行がOracle Databaseソフトウェアのサポートをリミニストリートに切り替え
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000013713.html