中堅中小企業のバックオフィス業務改革に焦点

株式会社コンカーは、2020年7月21日、経理・財務部門向けイベント『SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN』の第2弾をオンライン開催します。

同社は、出張・経費管理クラウドのリーダーを自認するSAP Concur の日本法人。同イベントは、中堅中小企業のバックオフィス業務改革に焦点をあて、調査・事例と共に同社におけるテレワークの実態などが紹介されます。

6月11日には第1弾が既に開催

SAP Concurは、経費・請求書・コンプライアンスといった間接費に関する全ての管理を自動化するクラウドサービスを提供している企業です。同社製品は、従業員の無駄な時間の削減や包括的な経費・出張データの活用を推進し、間接費の可視化を促進。あらゆる業種・規模の企業に、強力な洞察力を与えています。

コンカーが開催する『SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN』は、同社が日本最大級と自負する経理・財務部門向けのイベントであり、日本では今回が7回目の開催です。2020年6月11日には、「バックオフィス業務の『デジタル化』」をテーマとして第1弾が既に開催されています。

紙に依存するバックオフィスの業務改革を進める

7月21日の『SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN』第2弾では、テーマを「Rebuild ! – 中堅中小×新・ワークスタイル-テレワーク を実現するバックオフィスの新しい働き方 -」と設定。今なお紙に依存するバックオフィスの業務改革を進めるべく、様々なレクチャーが行われる予定です。

なおコンカーは、2020年9月にも『SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN Virtual Summit』の開催を予定しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN – 株式会社コンカー
https://www.concur.co.jp/fusion-exchange/telework-2020

コンカー、「SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN」第2弾オンラインイベントを開催 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd