DXの促進を目指して

6月29日(月)、ブラックライン株式会社は経理部門のDXを促進するカンファレンスイベント「BeyondTheBlack TOKYO 2020」を2020年8月26日(水)及び27日(木)の2日間にわたって、オンラインで開催することを発表しました。

ブラックライン株式会社はクラウド型決算プラットフォーム「BlackLine」を提供する企業です。

こちらのイベントでは「SAP S/4HANAとBlackLineの同時導入で目指す、楽天の経理DXの姿」などの講演が予定されています。

アナログ業務を見直す

「BeyondTheBlack TOKYO 2020」のテーマは「リモート決算から始める企業変革」です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念される現状において、帳票確認や捺印による承認フロー、対面でのコミュニケーションを前提としたタスク管理方法などのアナログ業務の見直しが求められています。

「BeyondTheBlack TOKYO 2020」は、コロナ禍を超えてリモート決算に取り組みながら、企業競争力の源泉とするためのきっかけとなるコンテンツを多数用意しているイベントです。

2020年8月26日(水)は13時~17時35分まで、27日(木)は10時から17時45分までの開催を予定しています。

参加を希望する人は、「BeyondTheBlack TOKYO 2020」の特設サイトから事前に申し込んでください。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ブラックライン、経理・財務向けDXカンファレンス「BeyondTheBlack TOKYO 2020」開催決定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000054368.html