SAPジャパンやパートナー企業との協業

6月29日(月)、株式会社SHIFTはSAPジャパン株式会社およびSAP製品の導入・開発を担うパートナー企業との協業を発表しました。

株式会社SHIFTは「無駄をなくしたスマートな社会の実現」を目指し、幅広い分野のソフトウェア品質保証・テストを手掛ける企業です。

SAPジャパン株式会社はエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場におけるマーケットリーダーとして知られています。

専門コンサルタントを組織化

今回、株式会社SHIFTが協業を決定した背景にあるのは、2017年に運用サポートを終了する「SAP ERP」から「S/4HANA」への移行に伴い、「S/4HANA」の導入支援ニーズが拡大の一途を見せていることです。

また、株式会社SHIFTは従前よりSAP導入・移行と運用支援に特化した専門コンサルタントとテスト従事者を組織化してきました。

こうした中で、SAPユーザー企業にとって、導入から運用まで滞ることのないスムーズなプロジェクトの遂行に貢献できると判断したことも株式会社SHIFTが協業に参画した理由のひとつとして挙げています。

株式会社SHIFTが想定している具体的な取り組みは、ユーザー企業を直顧客としたコンサルタントと、SAPパートナー配下で単体やアドオン、結合、総合等のテスト設計および実行の担当です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SAPジャパンおよびSAPパートナー企業と協業
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000018724.html