i-ESMの提供開始

SAPジャパン株式会社(以下「SAPジャパン」)は、2020年6月29日、年商規模が500憶円から3000億円といった準大手および中堅企業向けに、インテリジェントエンタープライズ標準ソリューションモデル(以下「i-ESM」)の提供を開始することを発表しました。

インテリジェントエンタープライズとは、従業員がより価値の高い成果に集中できるように人工知能(AI)、機械学習(ML)、 IoT、アナリティクスなどの最新デジタル技術を活用し、顧客や取引先や従業員と連携する企業のあり方です。(プレスリリースより)

SAPジャパンがパートナー企業(株式会社アイ・ピー・エス、SCSK株式会社、株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ、コベルコシステム株式会社、株式会社SHIFT、TIS株式会社、三井情報株式会社)と協力してi-ESMを提供する目的は、幹システム(ERP)、人工知能(AI)、機械学習(ML)、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)などの最新デジタル技術導入短縮化サポートだと説明しています。

クラウドERP導入モデルを用意

現在、「2025年の崖」克服という目的以外に、COVID-19の影響によるテレワーク環境拡充などを受け、企業のDXの重要性は増大しています。

i-ESMでは、4つの業界別(商社・卸、化学、組立製造、プロフェッショナルサービス)にクラウドERP導入モデルを用意しているということです。i-ESMのモデルケースを活用すれば、計画立案が難しいDXのための次世代基幹システム検討を能率的に実行することが可能となります。

(画像はSAPジャパンホームページより)

▼外部リンク

SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/