「Liquid UI」でSAP ERPのユーザーインターフェースを変更

2020年7月1日、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、Synactive, Inc.の「Liquid UI」を同日から提供すると、発表しました。SAP ERPのユーザーインターフェースを追加開発なしで変更が可能なこのソリューションの価格は、SAP ERPの利用者、導入検討者の導入支援サービスを含めて約1,000万円からに設定しています。

Liquid UIとは

SAP ERPを導入後、自社業務に合わせたアドオン開発を行うケースが多々あります。アドオン開発が複数におよび管理が複雑化する場合、バージョンアップ時や障害時のリスクが増大する可能性があります。

そこで、CTCはアドオン開発を行わずSAP ERPユーザーインタフェースの自社業務への適合や、スマートフォン対応を実現できるソリューションの「Liquid UI」の提供を開始しました。

同ソリューションは、複数画面の統合および画面レイアウトの変更だけでなく、スマートフォンやタブレットに対応したコンパクトなSAP画面へのセキュアな接続を提供しています。アドオン開発と比較すると工数を1/3程度、抑えることが可能です。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社1972年に設立された、CTCグループ会社です。業務内容は、コンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守、ソフトウェア受託開発、情報処理サービスです。

このソリューションで、3年間で10億円の売り上げを目指しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 プレスリリース
https://www.ctc-g.co.jp/news/press/20200701a.html