予測不可能な変化に対応する方法

2020年6月29日、SAPは不確実な経済と予測不可能な変化に対応するため、データまとめ、信頼性を持たせることが重要だと、ニュースを発信しました。同社のSAP S/4HANAやSAP Digital Boardroomなどのプラットフォームを利用することで、データがまとまり、企業がより良い結果を出せると述べています。

迅速なデータ移行が行えるソリューション

同社は予測不可能な変化に対応し、効率的で持続可能なビジネス戦略にするために、データの価値と整合性の再考が必要だと考えています。リアルタイムデータを中央のプラットフォームにまとめることで、自動化されたプロセスとレポート分析が可能で、合理化されます。

データをまとめるプラットフォームとしてSAP S/4HANAを選択した場合、SAP Advanced Data Migrationを使用したデータ移行が可能です。SAP Advanced Data MigrationはSAP Data Servicesソフトと連携することで、データ移行時のコスト超過や変換ミスなどを軽減できます。データ移行を予定どおりに、予算内に行うことができるソリューションです。

調査会社であるIDCは、同ソリューションを使用した場合、3年間で303%の投資収益率(ROI)の達成、データ移行コストを38%削減、平均年間利益が345万ドル、ソリューションにかけた費用は8か月で回収できると算出しています。

SAP Advanced Data Migrationの利点

SAP Advanced Data Migrationは、データをクリーンに保ち、手作業の必要性を減らしているため、移行ミスが少なくなります。また、問題を警告する高度なアラート機能があるため、データの品質保持と最適化が可能です。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/