ラインネッカー地域とハイデルベルク市のベッド管理ソリューション

2020年6月30日、SAPはベッド管理ソリューションについてニュースを発信しました。コロナウイルス蔓延のさなか、ドイツのラインネッカー地域とハイデルベルク市は、急性疾患患者のケアを維持しながら、COVID-19患者のベッド容量を増やす必要がありました。同社は、社内でコラボレーションと連携を行い、ソリューションの提供に成功しました。

SAPのベッド管理ソリューションとは

ベッド管理ソリューションは、SAP Cloud Platform、SAP Fiori、およびSAP Analytics Cloudで使用できます。また、これらを使用することで拡張が可能です。組み込み分析機能を使用することで、ベッドの占有率と病院のベッド数の変化を時系列で表示することができ、予測も可能なため、病院は傾向をみて対応ができます。

またこのソリューションは、医療施設と患者の移動を整理するためにも使用できます。余力のある病院に患者を配置し、地域のすべての集中治療情報を調整担当の医療スタッフに提供できます。

これらのデータを活用することで、最適な治療ができる病院に患者を配置でき、同時に医療スタッフは、ベッドが利用できる施設の特定が可能になります。

法的課題の対応について

同ソリューションは安全性の高い、役割ベースのアクセス制御により、厳格なデータ保護とセキュリティ基準がすべての情報に適用されています。社内でのコラボレーションと連携で、商業的および法的課題に対応することができました。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/