第2四半期の暫定的な決算を発表

2020年7月8日、SAPは2020年6月30日までの第2四半期の暫定的な決算を発表しました。同社は、COVID-19の中、好業績を発表しています。

第2四半期の暫定的な決算内容

第2四半期の暫定的な決算内容は、前年比IFRS(国際会計基準)クラウド収益21%増加、非IFRSクラウド収益は19%の増加です。また、現在のクラウドバックログは、20%の増加となっています。

ソフトウェアライセンス収益は18%の減少となりましたが、第1四半期と比較すると大幅な改善となっています。IFRSクラウドおよびソフトウェアの収益は4%増加し、非IFRSクラウドおよびソフトウェア収益は3%増加となりました。

営業利益および営業利益率は、IFRS営業利益は55%増加し、非IFRS営業利益は8%増加となりました。IFRS営業利益率は、6.5pp上昇、非IFRS営業利益率は、1.8 pp上昇しています。

2020年今後のビジネス展望

第2四半期の好業績は、顧客が回復力、収益性、持続可能性を推進するためにSAPのインテリジェントエンタープライズを利用していると再確認できました。同社は、第3四半期と第4四半期は景気が回復され、人口ロックダウンが緩和され、需要環境が改善していくると想定しています。

そのため、非IFRSクラウドの収益は固定通貨で18%から24%の増加を見込んでいます。非IFRSの総収益は固定通貨で1から3%の増加の予想をしています。また、非IFRS営業利益は固定通貨で1から6%の増加を予想しており、クラウド収益とソフトウェアサポート収益合計は、約72%に達すると見込んでいます。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/