業界特有のソリューション開発

2020年7月7日、SAPはSAP Industry Cloudがユーザーにもたらすメリットについて、ニュースを発信しました。同社は、パートナーなどと協業し、業界別のSAP Industry Cloudソリューションを開発しています。

SAP Industry Cloudとは

SAP Industry Cloudは、SAP HANA、SAP Cloud Platform、SAP Data Warehouse Cloudなどの「SAP Business Technology Platform」を基盤にした、業界別ソリューションです。25の業界に対応し、各業界のパートナーやユーザーと協業してソリューション開発および展開をしています。

また、SAP Industry Cloudのソリューション開発を通じ、「インダストリー4.0」を加速させています。

SAP Industry Cloudのメリット

同社のインダストリー、カスタマーアドバイザリーの社長ピーターマイヤー氏は、SAP Industry Cloudのソリューションを利用することで、ユーザーはプロセスの整合性とコンプライアンスを維持しながら、ビジネス機能を強化および拡張できると、述べています。

また、サポートのコストを最小限に抑え、変化するビジネス要件に対応できると説明しています。これは、自動化が強化されることで、安全で制御された状態でビジネスの変革をサポートするからです。

さらに、クラウドと機器のツール管理再考も行われており、BearingPointとETM.nextと呼ばれる新しいソリューションをSAP Cloud Platform上に構築しています。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/