製品サポートをライブサポートチャネルで実施

2020年7月9日、SAPはライブサポートチャネルについて、ニュースを発信しました。同社は、製品サポートとしてライブサポートを提供しています。

SAPのライブサポートサービスとは

同社は、ユーザーが必要な時にリアルタイムの対話を期待しているため、ライブサポートの提供を開始しました。保守契約を結んでいるユーザーは、追加費用なしで利用できます。

支援が必要なときにSAPのテクニカルエンジニアに直接アクセスできることと、解決までの待ち時間が大幅に短縮されたことで、毎週数千のチャットが利用されます。多くの質問は、最初の対話で解決されています。

ライブサポートサービスの詳細

Expert Chatは、SAPの技術エキスパートにユーザーが接続できるライブチャット機能です。平均所要時間は約30分で、チャットで直接回答を得られます。

また、予約機能があり専門家に電話予約することが可能です。直接会話することで、ビジネスの遅延を回避することができます。

全てのSAP SuccessFactorsでは、Expert Peerを利用してSAP外部の認定エキスパートと製品に関する技術的な質問についてやり取りすることもできます。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/