Slack上で承認や差戻が完結

7月22日(水)、アスタリスト株式会社はエンタープライズiPaaS「ActRecipe」がグリー株式会社に採用されたことを発表しました。

アスタリスト株式会社はSAP Concurの日本初の認定導入パートナーであり、「ActRecipe」等の提供を通じて企業の生産性向上を支援する企業です。

Concur Expenseを全社で利用しているグリー株式会社はアスタリストが提供する、Slack上でConcur Expenseの承認や差戻のオペレーションを完結できる機能が利用可能になりました。

「ActRecipeBot」が業務を効率化

グリー株式会社がActRecipeを採用することによって得られる具体的なメリットは、「ActRecipeBot」というSlack用アプリケーションです。

「ActRecipeBot」はConcur Expenseの承認依頼をSlackへ通知すると共に、Slackの画面上で経費精算の承認や差戻が可能になります。

同時に、承認者はConcur Expenseへログインをすることなく素早く承認や却下の判断を行うことができるため、業務の効率化に繋がるというわけです。

ActRecipeは今後の展望として、Slack上への通知やオペレーション実装といった機能の拡充や連携強化の実施を予定しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

iPaaS+FinTech「ActRecipe」をグリー株式会社が全社採用
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000032916.html