NTTデータ・スマートソーシングの『e-ZERO』で提供

株式会社NTTデータ・スマートソーシングは、2020年7月27日、同社のBPOサービス『e-ZERO』において経費不正のAI検知ソリューション『Fraud Checker』の提供を開始しました。

『e-ZERO』は、同社と株式会社コンカーが連携する形で、『SAP Concur』利用企業を支援すべく展開されているBPOサービス。『Fraud Checker』では、経費精算の目視確認作業をAIエンジンが担い、経費不正と疑わしき申請を報告するソリューションとなっています。

経費精算業務の目視作業をAIが代行

NTTデータ・スマートソーシングはコンカーは、『SAP Concur』利用企業において業務標準化と効率化による「間接費改革」を実現すべく、BPOを組み合わせる形での協業を展開しています。

両社は、今般のコロナ禍によりリモートワークが浸透し、ITテクノロジーのさらなる活用へ期待が集まっていることに着目。人手を介さず業務を完結できるよう、出張・経費管理業務においてもさらなる「改革」の実現が必要であると考えました。

そこで両社は、経費精算業務の事後チェックプロセスで行われている目視作業について、AIエンジンによる代行を発案。『Fraud Checker』の開発に至りました。

省力化と品質向上、また内部統制基盤の構築を可能に

『Fraud Checker』では、勤怠情報やビルの入退館データを『SAP Concur』の経費精算データと突合し、機械的かつ網羅的なチェックを行うことが可能です。チェックを行うAIは、Miletos株式会社が提供するAI経費精査『SAPPHIRE』を採用。事後チェックプロセスの省力化と品質向上、また内部統制基盤の構築も期待できるソリューションとなっています。

NTTデータ・スマートソーシングは今後『Fraud Checker』において、『SAP Concur』導入企業を中心として2022年度までに100社の受注を目指すとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

経費不正のAI検知ソリューション『Fraud Checker』の提供開始 – 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
https://www.nttdata-smart.co.jp/