SAP、QualtricsをIPOで公開

2020年7月26日、SAPはQualtrics社を米国の新規公開(IPO)を通じ、公開すると発表をしました。Qualtrics社は米国ユタ州プロボを拠点とするソフトウェア企業で、企業や組織向けアンケート調査プラットフォームなどを提供しています。

SAPは、2020年7月26日時点でQualtricsの株式を100%所有しています。同社はその他所有者に売却する予定はなく、Qualtrics社の創設者であるRyan Smith氏を個人株主とする予定です。

Qualtrics社の製品について

同社の製品には、カスタマーエクスペリエンスを可視化するQualtrics CustomerXM、フィードバック収集を一元管理できるQUALTRICS CORE XMなどがあります。また、高度なAI機能が搭載されたQualtrics iQには、データ分析ができる予測エンジンが搭載されています。

Qualtrics買収の経緯

同社がQualtrics社を買収した目的は、Qualtricsがエクスペリエンス市場の潜在能力を最大限に引き出すよう、強化することでした。また、エクスペリエンス市場で、シェアを拡大できるチャンスでもありました。

同社はIPOでQualtricsの体験管理カテゴリーを成長させ、サービスを提供し、さらに成長し続け機能を構築する機会を提供できると考えています。今後同社は、Qualtrics社の市場開拓および研究開発(R&D)パートナーであり続け、Qualtrics製品をさらに独立させ、エクスペリエンス管理エコシステム全体と提携し構築して、基盤を拡大していきます。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/