ブラックラインの協業により提供

SAPジャパン株式会社は、2020年8月3日、ソリューション『SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine』が日本通運株式会社に採用されたと発表しました。

同ソリューションは、SAPジャパンとブラックライン株式会社の協業により提供されているクラウド型の決算プラットフォーム。日本通運は、「リモートワークできる経理部門」の実現およびバックオフィスの働き方改革推進を図るべく、同ソリューションを導入しています。

決算業務の標準化・早期化を目指す日本通運

今回『SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine』を採用した日本通運は、「グローバル市場で存在感を持つロジスティクスカンパニー」の実現を目指している企業です。持続的成長を図る同社は、グループ経営体制の変更を検討し始め、経理部門においても改革プロジェクトを開始しました。

経理部門の改革において同社は、グローバルな会計システムによる決算業務の標準化・早期化を目指すと共に、グループ全体のガバナンス強化も企図。データの取りまとめが非効率的であり、また属人的な業務が多く残されていた従来のシステムの課題を解決すべく、同ソリューションの導入に至っています。

グローバルガバナンスの強化にも用いられる

日本通運において『SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine』は、諸勘定の照合作業や勘定整理の自動化、またグループ各社の決算タスクの標準化および決算進捗状況のモニタリングに活用されます。さらに、可視化されたタスク管理の実現や、グローバルガバナンスの強化にも用いられるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本通運、『SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine』を採用 – SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/