「HPE GreenLake」と「SAP HANA Enterprise Cloud」を合わせて提供

2020年8月6日(米国時間)、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)はSAPと提携し、「HPE GreenLake」と「SAP HANA Enterprise Cloud」カスタマーエディションを提供すると、発表しました。この提供で、ユーザーが自社のデータセンターや、所有者や運用者が異なる設備や機器でも利用することができる、完全なマネージドサービスが可能になりました。

両社の提携によるメリット

HPE GreenLakeは従量制のIT環境で、月額の利用料を支払うことでIT基盤設備を資産化することなく、安全に自社システムを運用できます。そのため、両社が提携することで、「開発環境」、「テスト環境」、「本番環境」を自社で保ちながら、クラウド機能を利用することが可能となりました。

両社の役割分担として、HPEは基盤となる設備などを提供し、インストールや管理を行います。SAPはオペレーティングシステムからSAP HANAデータベースを介して大部分をセットアップさせておく、ホワイトグローブ運用やアプリケーション管理サービスを提供します。

最新のSAP HANA Enterprise Cloudについて

最新のSAP HANA Enterprise Cloudカスタマーエディションは、SAPのソフトウェア向けに認定し、あらかじめ設定された仮想サーバやストレージ、ネットワーキング技術などを備えています。また、安全で高性能なインフラで構成され、最適化されたアーキテクチャーで構成されています。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

ヒューレット・パッカード エンタープライズ プレスルーム
https://www.hpe.com/