PIH、SAPでデジタル変革

2020年8月17日、SAPはカタールを拠点とするPIH社が、SAPソリューションを使用して成功していると、ニュースを発信しました。PIHは、約40年前から建設請負業をしており、数か国で事業を展開しています。

PIHについて

PIH社は、中東の湾岸諸国のカタールに拠点があり、従業員4万人以上の企業です。数か国で事業を展開しており、約40年前から建設請負業を行っています。事業内容は、5つのセクターに分かれ一般請負(UCCホールディング)、不動産開発(ASSETS)、農業および食品産業(バラドナ)、ライフスタイル(AURAグループ)および一般サービスになります。

同社は、事業の多様化と急速な成長のため、ビジネスの運用に課題を抱えていました。

PIHのデジタル化について

PIH社は、2019年7月より3年間を有すデジタル変革に着手しています。

同社は今まで連携していない16のエンタープライズリソースプランニング(ERP)システムと異なるサイロにデータが分散していました。そのため、財務状況の把握が遅れ、意思決定が遅れるため、ビジネスの管理が困難になっていました。新システムには、基盤にSAP S/4HANAを採用しています。

SAP S/4HANAを選択することで、すべてのビジネスにわたって1つのERPシステムを使用でき、調和の取れたプロセスと単一の会計体系を利用することができます。基盤構築は、COVID-19の影響下、2020年末までに終了する見込みです。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/