ファーストアカウンティングと連携、AI-OCR機能を提供

2020年8月20日、株式会社コンカーはファーストアカウンティング株式会社と連携してAI-OCR機能の提供を開始すると、発表しました。提供は、2020年9月から開始する予定です。株式会社コンカーは、SAP Concurの日本法人です。

開発の経緯と機能概要

コンカーでは、在宅勤務の長期化と今後の定着化を見込んで、紙媒体の請求書など、書類のデジタル化が課題でした。ファーストアカウンティング社の紙の書類をスキャンして、デジタル化する技術とConcur Invoiceを連携することで、経費や請求書の支払い、管理の効率化を図ることができます。

今回提供するAI-OCR機能「Remota」は、請求書をAIで読み込み、分析し、コンカーの請求書管理クラウド「Concur Invoice」にデータを連携します。同機能は、SAP Concur App Centerの新サービスとして、提供されます。

この機能により、請求書など書類の入力がなくなり、業務の効率化が図れます。

ファーストアカウンティングについて

ファーストアカウンティングは、2016年6月に設立された会社です。AIによる会計支援業務を主事業としており、支払い業務を効率化させるソリューション「Remota」を提供しています。

「Remota」は、深層学習したAIが読み取ったデータを自動チェックする機能を備えた、クラウドサービスです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://prtimes.jp/