新規リリースで利便性が向上

2020年8月20日、Data Software Japan合同会社はCData Drivers V20シリーズをリリースしたと、発表しました。このリリース版で、SaaSやクラウドDBのデータ連携がよりシンプルになり、利便性が向上しました。

CData Driversとは

CData Driversは、SaaSやパッケージソフト、クラウドDBに標準SQLでアクセスし、データ連携の効率化を行います。このドライバーは、アクセス方法が異なる200以上のデータソースに帳票やカスタムアプリケーション開発のIDEなどから、プログラミングなしで連携が可能です。

新規リリース版の概要

今回のリリース版は、ベータ版としてAzure Data Catalog、Azure Data Lake、CockroachDB、Google Data Catalog、HDFS、Parquetのドライバーが提供されました。また、EコマースではShipStation、SAP HANA XSAとTSheetsのドライバーも提供されています。

製品リリースとしては、Azure Analysis Services、Airtable、SAP Fieldglass、SAP SuccessFactorsなどのドライバーがリリースされています。

今回のリリースで、Box、S3、Google DriveなどのストレージにあるExcelファイルからクエリを作成する機能、圧縮したCSVからクエリを作成する機能などが追加され、ユーザーにとってより利用しやすくなりました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://prtimes.jp/