SAP SuccessFactorsで柔軟に変更、法令遵守

2020年8月20日、SAPは雇用主にとって労働力の適応と遵守が必要だと、ニュースを発信しました。短期間で企業の運営および労働力の健康、安全、福祉を確保するための新しいルールが急増しています。SAP SuccessFactorsソリューションは、予期しない緊急事態に対応できるように、設計されています。

SAP SuccessFactorsソリューションについて

SAP SuccessFactorsソリューションは、給与管理、人事(HR)サービスの合理化、ビザと許可の管理、文書管理に関連するソフトウェアが統合されています。

同ソリューションのサポートは、SAPグローバリゼーションサービスチームがお客様やパートナーと連携して、ソリューションの変更を迅速かつ効果的に行っています。

2020年8月20日時点、各国に対応した変更例

各国のSAPグローバリゼーションサービスチームは、COVID-19に対応するためSAP SuccessFactorsソリューションの変更を迅速に行っています。

サウジアラビアでは、COVID-19に対応するため新しい法的措置が発表されました。3つの新しい休暇タイプ(強制的な病気休暇、例外的な公式休暇、非生産的時間)、ビジネスの継続性と、急速に高まっている地域の安全およびプライバシー規制へのコンプライアンスの確保です。

これらを、サウジアラビアのローカリゼーションチームは、迅速に対応し、失業保険の適切なパーセンテージと控除限度での「ウェイジタイプ」控除適用を推奨しました。

また日本では、COVID-19での欠勤で報酬が少なくなっている従業員のため、システムアコモデーションを作成しています。対象の従業員は特殊な例外として、次の月から標準報酬月額を変更し、改訂された厚生年金保険料にすることができます。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/