Magic Quadrant for Data Quality Solutions

2020年8月25日、SAPジャパンは、2020年7月27日にガートナー社(独立系調査会社)が発表した「Magic Quadrant for Data Quality Solutions(データ品質ソリューション分野のマジッククアドラント)」(Analysts Melody Chien and Ankush Jain)レポートにおいて、SAPがリーダー認定されたことを発表しました。

発展し続けているデータ品質ソリューション市場について、評価の対象となったのは、SAPのほか、ベンダー15社です。

14年連続のリーダー認定

今回のリーダー認定によって、SAPがガートナー社のレポートでリーダー認定されたのは、14年連続となりました。ガートナー社が高く評価しているのは、SAPの“実行能力”および“ビジョンの完全性”です。

SAP HANA(R)とSAP(R) Analytics担当シニアバイスプレジデントのアンドレアス・ウェッセルマン(Andreas Wesselmann)氏は、今回のリーダー認定について、以下のようなコメント発表しました。

SAPが包括的なデータ管理ソリューションを通じて、お客様が真のインテリジェントエンタープライズへと変革できるよう支援していることの証である(プレスリリースより)

(画像はSAPジャパンホームページより)

▼外部リンク

SAPジャパン
https://news.sap.com/