モロッコ、追跡システムで全国の症例数を把握

2020年8月25日、SAPはモロッコのCOVID-19デジタル追跡システムについて、ニュースを発信しました。モロッコ保健省は、SAPパートナーの迅速な対応で、全国の症例数をいつでも最新の状態で把握できるようになりました。

追跡システムの概要

COVID-19デジタル追跡システムは「COVID-19リアルタイムモニタリング」と呼ばれ、モロッコ保健省が全国の症例数を把握でき、全病院の薬剤在庫レベルを把握することができます。

同システムは、ALGO社によって開発されました。15人のコンサルタントチームによって開発および導入されましたが、全員がリモート作業で、ビデオと電話を使用しプロジェクトをオンラインで遂行しました。同社は、COVID-19の最初の症例が確認されてからわずか2週間後にシステムを稼働させています。

このシステムは、同社が得意とするSAP Digital Boardroomを使用し、SAP HANAでデータ管理を行い、SAP Analytics Cloudで分析を可能としています。

ALGOについて

ALGOは、SAP Digital Boardroomを使用したパッケージソリューションを作成する専門家で、アフリカで最初に認定されたSAPパートナーです。輸送、政府、教育、銀行など、多業種のユーザーを抱えています。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/