SAPソリューションの提供を開始

2020年8月27日、日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)は、「SAP S/4 HANA最短コンバージョンサービス」、「SAP on Azure移行サービス」などの各種SAPソリューションの提供を開始したと、発表しました。この提供は、自社のSAP HANA Enterprise Cloud on Azure上でのSAP S/4HANA活用実績から得たノウハウを生かしています。

JBSが支援するSAPサービスについて

同社は、各種クラウド環境の移行とSAP S/4HANAを最短納期で実現する、SAP S/4HANA最短コンバージョンサービスやSAP on Azure移行サービス、SAP S/4HANA Cloud導入支援サービス、出張・経費管理クラウドのSAP Concur導入支援サービスなどを提供しています。

さらに、SAP製品でのアプリケーション設計、構築、導入、運用、保守、改善のライフサイクルをサポートします。

JBSについて

1990年に設立された会社で、SAPやマイクロソフトなどのクラウドサービスを活用したITサービスの提供を行っています。特に「Microsoft Azure」の導入を得意とし、自社で製品を使用し、経験と共にユーザーにサービスを提供する「リアルショーケース」の形をとっています。

同社は、日本で1社のみ受賞できる「2018 Microsoft Country Partner of the Year」を受賞しています。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

日本ビジネスシステムズ株式会社 インフォメーション
https://www.jbs.co.jp/