SAP Support Portal 重要ノート

2020年8月31日、SAPジャパンは、優先度が“最優先”とされるSAP Notesである「SAP Support Portal 重要ノート(HotNews)」(8月)をリリースしました。

8月に発表された「HotNews」は6件でした。

ログイン時の NullPointerException
SAP NetWeaver (ナレッジマネジメント) におけるクロスサイトスクリプティング
(プレスリリースより)

ほかには、データベースの破損、ENQU エラー、設定が想定通りに機能しないという問題、変更番号更新についての不具合などが報告されています。

SAP NotesとSAPサポート技術情報(KBA)

なお、SAP NotesとSAPサポート技術情報(KBA)は、インシデント(コンポーネント XX-TRANSL-NOTE-JA)へ翻訳を依頼することが可能となっています。また、自動翻訳機能も搭載されているということです。「SAP Note 2595923」から、使用方法を確認することができます。

SAP NotesとSAPサポート技術情報では、エキスパート検索を利用することにより、選択基準を追加で設定し、SAP NotesおよびSAPサポート技術情報を保存しておくことが可能となっています。

(画像はSAPジャパンホームページより)

▼外部リンク

SAPジャパン
https://news.sap.com/japan/2020/08/2020-08-hotnews/