SAP S/4HANAで不確実性に対応

2020年9月4日、SAPは企業が不確実性に直面し回復するには安全なビジネスインテリジェンスプラットフォームが必要だと、ニュースを発信しました。同社のSAP S/4HANAなどERPは、不確実性に対応する準備ができています。

現在の経済状況と回復について必要なこと

現在の不確実性に今までのシステムは、対応できていません。従業員は、リモートワークやライフバランスの変化が生じており、新しい所得モデルが必要とされています。また、従業員の行動主義が求められ、企業は持続のためHXM(ヒューマンエクスペリエンス)の対応が必要となっています。

これらの必要な対応とは逆に、コスト低減、効率を高く維持することなどの要件に対処する必要もあります。そのため、生産性強化、成長促進のためのインテリジェントERPのようなデジタルツールでの高度分析が必要となります。

ERPソリューションの特徴

SAP S/4HANAなどのインテリジェントERPソリューションは、システムインフラストラクチャ全体の整合性、データ、およびセキュリティで、統合するための全体的なアプローチを提供できるように設計されています。企業の意思決定の中心にERPを置いた場合、強固なセキュリティと、データの整合性、緊急性が高まりますが、SAP S/4HANAは問題はありません。SAP S/4HANAはメインメモリデータベースで実行されるため、処理が早く、セキュリティも強固です。

ERPを使用するなど、ビジネスインテリジェンスを進化させ評価している企業は、スピードと俊敏性を備えた競争力を実現しています。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/