SAP ECC 6.0のサポートを第三者保守に変

2020年9月1日、Rimini Street,Inc.(リミニストリート)は、株式会社エフピコがSAP ECC 6.0アプリケーションサポートをリミニストリートに変更したと、発表しました。エフピコは、1962年に設立されたプラスチック製食品容器の製造や販売、関連包装資材の販売を行う国内大手企業です。

エフピコとシステムについて

エフピコは、食品容器の製造や販売において技術力の活用に重点を置き、国内トップの地位を維持しています。2015年、全国のSCMインフラネットワークの構築に成功しており、これが経済産業省、東京証券取引所の評価を得て「攻めのIT経営銘柄」に選定されています。

同社は開発力、購買力、物流、リサイクルを情報ネットワークで管理し、顧客サービスにつなげるためSAPプラットフォームを利用しています。自社独自業務やビジネスケースに対応するため、多くのカスタマイズを行ってきました。SAP年間保守料の値上げを機に、SAP環境の投資利益率最大化のため、第三者保守サポートの検討を行いました。

SAP保守サポートをリミニストリートに変更することで、SAP環境の投資利益率が最大化され、拡大生産者責任 (EPR) 戦略やロードマップ策定に取り組むことが可能となっています。

リミニストリートについて

2005年に設立され、世界中に20の拠点を持つ企業です。Salesforceのパートナー企業でもあり、業務内容はOracleやSAP製品の第三者保守サポートとなっています。

同社は、優先度の高い問い合わせケースについて、応答時間が10分というサービスレベル契約(SLA)を設定しています。1ユーザーに専任のサポートエンジニアが担当し、その担当エンジニアは担当するソフトウェアシステムの経験が平均15年のベテランです。その結果、同社の顧客満足度は、5段階中4.8以上となっています。

(画像は日本リミニストリート株式会社 公式サイトより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://prtimes.jp/