従業員に寄り添ったエンゲージメント調査を実現

コーン・フェリー・ジャパン株式会社は、2020年9月8日、本社であるコーン・フェリー社がSAP社と提携を行うと発表しました。

この提携では、SAP社が展開するソリューションを活用することで、より従業員に寄り添った形での社員エンゲージメント調査の実現が図られます。

社員エンゲージメントと業績向上の促進を図る

コーン・フェリー・ジャパン株式会社は、グローバルな組織コンサルティングファームであるコーン・フェリー社の日本法人です。コーン・フェリー社は、クライアント企業における組織設計や適材適所の人材配置を支援すると共に、社員の処遇・育成・動機付けといった課題についてもコンサルテーションを提供。専門性向上による人材のキャリアアップも、支援しています。

コーン・フェリー社は2020年7月、SAP社との提携を開始しました。この提携では、SAP社の『SAP SuccessFactors』が備えるヒューマンエクスペリエンスマネジメントプラットフォームに、コーン・フェリー社が保有する人・組織に関する知見を融合。社員エンゲージメントと業績向上の促進が図られます。

従業員の「心の声」を理解し、適切な対策を講じる

この提携により実現する社員エンゲージメント調査は、従業員の「心の声」を理解し、適切な対策を講じることが可能になるというもの。従業員エクスペリエンスを改善することにより、利益や売上成長率を大きく向上させるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

コーン・フェリー・ジャパン株式会社
https://www.kornferry.com/ja

コーン・フェリー、SAPと提携し、社員エンゲージメントと業績向上を促進する – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p