コンカー・インボイスのAI自動入力

2020年9月8日、ファーストアカウンティング株式会社(以下「ファーストアカウンティング」)は、同社の代表取締役社長である森啓太郎氏が、「SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN」に登壇が決定したことを発表しました。講演のテーマは、「コンカー・インボイスのAI自動入力」となっています。

ファーストアカウンティングは、AIプラットフォーム「Remota」を提供している会社です。「Remota」は、「Concur(R) Invoice」への自動データ連携を実現しています。

「Remota」を利用することにより、領収書の入力作業、請求書の入力作業、勘定科目の分類などの自動化が叶います。社内システムとCSV連携を実施した場合は、入力作業の自動化が可能です。

SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN

「SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN」では、2020年9月8日~2020年9月25日にスポンサーセッションの配信が予定されています。配信時刻は、各日12:00~12:30となっています。

経理財務部門向け最大級のイベントです。対象企業ごとに基調講演や外部連携パートナーのセッションなど約100のセッションが用意されています。(プレスリリースより)

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ファーストアカウンティング株式会社
https://www.fastaccounting.jp/news/20200908/1398/