「インダストリー4.0」化戦略の具現化を支援

SAPジャパン株式会社は、2020年9月15日、グローバル組織『Industry 4.Now HUB TOKYO』を設立したと発表しました。

同社は、世界中でエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードしているSAP社の日本法人。『Industry 4.Now HUB TOKYO』は、クライアント企業における「インダストリー4.0」化戦略の具現化を支援すべく、設立されています。

ドイツ・米国・日本の計3拠点にて設立

「インダストリー4.0」では、情報の分断解消により現場からマネジメントに至る垂直統合を実現し、全社的な効果の最大化が図られます。

現在、多くの企業がこの「インダストリー4.0」への移行を、重要な経営課題として認識するようになりました。しかし、実際の取り組みとしてはPoC段階に留まる企業が大半であり、PoC後の拡大展開戦略を描けているケースも多くはありません。

こうした状況を改善すべく、SAP社は2020年よりプログラム『Industry 4.Now』を開始。ドイツ・米国・日本の計3拠点にて『Industry 4.Now HUB』も設立するに至りました。

問題意識の顕在化やアイデアの創出を推進

『Industry 4.Now HUB』の日本拠点である『Industry 4.Now HUB TOKYO』では、「インダストリー4.0」化の実現ケースを示すワークショップを展開し、問題意識の顕在化やアイデアの創出を推進。同時に、「インダストリー4.0」に対応したSAP社製品の学習機会や、アライアンスパートナーによる包括的なソリューションも、提供されるとのことです。

(画像はSAPジャパン株式会社の公式ホームページより)

▼外部リンク

グローバル組織『Industry 4.Now HUB TOKYO』を設立 – SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/