SAPのリーダーシップの証明

SAPジャパンは、2020年9月11日、ガートナー社が発行しているレポートのうち2つの分野で、SAPが6年連続でリーダー認定を受けたことを発表しました。

SAPデジタルサプライチェーン開発責任者のフランツ・ヒーロー(Franz Hero)氏は、以下のようなコメントを発表しました。

第三者からこのように高く評価されたことで、混乱の時代においても前進し続ける企業を支援するSAPのリーダーシップが実証されました(プレスリリースより)

ガートナー社とIDC社から高い評価

リーダーに認定されたのは、「Magic Quadrant for Warehouse Management(倉庫管理システム分野のマジッククアドラント)」と、「Magic Quadrant for Transportation Management Systems(輸送管理システム分野のマジッククアドラント)」です。

あわせて、ガートナー社のサプライチェーン・マネージメント・ソフトウェアの世界市場シェアランキングで1位を獲得したことも発表しました。同ランキングの1位獲得は、18年連続です。

また、SAPは、サプライチェーン・マネージメント・アプリケーションの市場シェアランキング(IDC社)でも1位を獲得しました。

(画像はSAPジャパンより)

▼外部リンク

SAPジャパン
https://news.sap.com/