富士通とSNP、プラチナパートナーシップを締結

2020年9月24日、富士通株式会社は、シュナイダー・ノイライター・アンド・パートナー(SNP)とSAP S/4HANAの移行手法である「BLUEFIELD」アプローチ提供について、プラチナパートナーシップ契約を締結したと発表しました。この締結で富士通は、グローバル市場でCrystalBridgeを再販することが可能になります。

また同社は、SAP S/4HANAに移行をするユーザーに2020年10月初旬から、SNPのCrystalBridge活用のBLUEFIELDアプローチを提供します。2022年12月末まで同サービス導入による売り上げで、100億円(30社導入)を目指しています。

BLUEFIELDアプローチとは

このアプローチは、データ変換プラットフォームであるCrystalBridgeでSAP S/4HANAの適用分析を行い、移行のスコープおよびロードマップの策定を行います。その結果から、既存システムのデータ部分とシステム部分を切り離し、データがないシステムである「Empty Shell」を生成し、SAP ERP6.0からSAP S/4HANAに変換します。

業務に必要なデータは、段階的に移行できるためユーザーのシステムダウンを最小限に抑え、最短6ヶ月でSAP S/4HANAへの移行を可能とします。また、同アプローチは、アプリケーションに合わせたデータ調整も可能です。そのため、移行と同時に不要な機能の削除およびビジネスロジックの改修が可能です。

シュナイダー・ノイライター・アンド・パートナーについて

シュナイダー・ノイライター・アンド・パートナーは、1994年に設立された、ドイツ ハイデルベルクに本社がある企業です。データマネジメントを主事業とし、同社は、独自の変換プラットフォームを開発しています。

同社のBLUEFIELDアプローチで、データ変換プラットフォームであるCrystalBridgeを使用することで、ビジネスを中断することなく、ビジネスソフトウェアを迅速かつ安全にリモートで変換することが可能です。

また、同社は2020年2月28日SNP Japanを設立しており、今回のパートナーシップ締結で日本企業向けのビジネス展開に拍車をかけます。

(画像は富士通株式会社 プレスリリースより)

▼外部リンク

富士通株式会社 プレスリリース
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/09/24.html