SAP、正確な検索ソリューションのJina AIに期待

2020年9月23日、SAPはSAP.iO FundがJina AIに投資したと、発表しました。同社は、ニーズに合致したJina AIの検索ソリューションに期待しています。

Jina AIのソリューションについて

Jina AIのソリューションは、検索プラットフォームにコンピュータービジョン、音声認識、自然言語処理の機械学習などを組み合わせたものです。検索入力の精度や柔軟性、適応性が高くなっており、コア部分はGitHubのJinaと呼ばれています。ユーザーは、ディープラーニングを利用することで、クラウドネイティブの検索ソリューションを数分で作成可能です。

同ソリューションは、2020年5月にGitHubにリリースされました。すでに48人の協力を得て、2,000以上コミットしています。現在は、テキスト、画像、ビデオ、オーディオ、クロスモダリティデータの検索を対象としていますが、今後は他のデータタイプもサポートしていく予定です。

Jina AIについて

Jina AIは、ベルリンに本社があり、AIとディープラーニングテクノロジーを搭載したクラウドネイティブのニューラル検索ソリューションを作成している企業です。同社は、TencentメッセージングアプリWeChatの次世代検索インフラストラクチャの開発をした、HanXiao博士により設立されました。

(画像はSAP公式サイトより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/