NEC、システムを刷新

2020年9月30日、日本電気株式会社(NEC)は、SAP ERPからSAP S/4HANAに刷新し、SAP HANAを活用した経営基盤を構築し、本稼働させたと、発表しました。海外10カ国14拠点に導入しており、グループ会社には逐次展開していく予定です。

NECグループのシステムとは

同社は、2010年から国内外グループ会社にSAP ERPシステムを導入し、基幹系業務プロセスの標準化および経営の可視化を図ってきました。次世代ERPシステムであるSAP S/4HANAを導入することで、新しい経営ニーズの対応をしていく予定です。今回のシステム変更は、機能の見直しにより40%の機能が削減され、テレワークのさなか計画どおり、業務に影響ない品質で導入を実現しています。

システム変更は、アビームコンサルティングのABeam Cloud Conversion Express Factory for SAP S/4HANAを使用し、品質を確保し効率化を図りました。テストには自動テスト方式である「Digital Test」を使用し、プロセスマイニングツール「Celonis」とインテリジェントオートメーションの「Blue Prism」を組み合わせています。テスト方式の採用により、大幅な工数削減につながっています。

また、SAP HANAを採用し、今までのデータベースを統合、データ加工工数を削減しています。さらにCloudera Data Platformを使用することでセキュリティを保持し、効率的で拡張性のあるデータ管理を実現しました。

システム変更で期待すること

今後グループ会社に、システムを逐次展開することで同社のもつAIなどの最先端技術を活用した、DX化を推進していきます。

また、同社のグループ会社である、アビームコンサルティングと連携し、SAP社提供のERPシステムを活用し、ユーザーの課題を解決するERP事業を強化する予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本電気株式会社 プレスリリース
https://jpn.nec.com/