Emarsysと買収契約を締結

2020年10月2日、SAPは2020年10月1日にEmarsys社との買収契約を締結したと、発表しました。Emarsysはオムニチャネルカスタマーエンゲージメントプラットフォームを作成している企業です。

Emarsys社について

Emarsys社は、ビジネスの成果を加速するためのプラットフォームを開発しています。AIを使用した予測分析で、ビジネス結果を継続的に最適化可能です。

同社は優れたプラットフォームの開発と提供で、2019年第4四半期にForresterWaveのCross-Channel Campaign Management(Independent Platforms)のリーダーとして指名されました。また、2020年第3四半期にはGartner 2020 Magic Quadrant for PersonalizationEnginesのリーダーとして指名されています。

SAPが買収する利点

Emarsys社の持つ、カスタマーエンゲージメントプラットフォームは、電子メール、モバイル、SNS、SMSおよびWeb全体でユーザーとのやり取りを提供できます。また、このプラットフォームは、1か月あたり100億のパーソナライズされた相互影響を管理します。同プラットフォームは、SAPソリューションに適合していますが、企業資源計画(ERP)と電子商取引の融合などは調査が必要です。

取り引きは、2020年の第4四半期に完了する予定で、以降プラットフォームはSAPの一部となります。SAPはユーザーに、世界クラスのCXでソリューションを提供することを目標にしており、買収により目標に近づきました。

(画像はSAP公式サイトより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/