SAP Work Zone for HRがプレビュー可能に

2020年10月20日、SAPはSAP Work Zone for HRがプレビュー可能になったと、ニュースを発信しました。2020年11月20日から一般公開される予定です。

SAP Work Zone for HRとは

SAP Work Zone for HRは、ヒューマンエクスペリエンスマネジメント(HXM)の新しいソリューションです。単一のプラットフォームで会議や情報、ツールをすべてのデバイスで利用できます。

このプラットフォームは、Qualtricsのエクスペリエンス管理ソリューションを組み込むことができ、従業員のフィードバックを収集し、戦略的行動が可能です。

また、リーダーはトップダウンのコミュニケーションを迅速かつ簡単に推進でき、学習プログラムや最新の企業戦略まで、適切な情報にアクセスできるよう、従業員のサポートができます。

SAPがSAP Work Zone for HRを開発した理由

SAPは、現在のシステムランドスケープが、簡単なタスクを実行するため10以上のアプリケーションにログインする必要があり、混乱や不快感を抱くと考えていました。調査でも、従業員の74%が優れたテクノロジーがあれば、職場での経験がより簡単になると考えていることが判明しています。

HXMは、ビジネスの推進する中心に人々を置くことで、仕事を簡単にし、従業員ごと個別化し、最高のパフォーマンスを引き出すことです。同社は在宅勤務が継続される中で、あらゆる場所、あらゆるデバイスから生産性を高めるために必要なツールにアクセスできることが、ますます重要になると考えています。

(画像はSAP公式サイトより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/