「SAP S/4HANA(R) Cloud」導入決定

SAPジャパン株式会社(以下「SAPジャパン」)は、SOLIZE株式会社(以下「SOLIZE」)で、SAPジャパンが提供する次世代クラウドERPである「SAP S/4HANA(R) Cloud」の導入が決定されたことを発表しました。

また、SOLIZEは、株式会社コンカーの提供している経費精算・管理クラウドである「Concur(R) Expense」も、同時に採用することを決定しました。

導入の決め手は、以下の通りです。

業務プロセスの豊富さ、導入支援を行うシグマクシスのERPを基軸とするBPRを推進した導入実績、最新のテクノロジーの進化に追随できる将来性(プレスリリースより)

基幹システム刷新を検討

1990年創立のSOLIZEは、顧客への貢献のみならず、同社自身の成長も重視している会社です。現時点で、国内の3法人について、2021年1月に統合することが決定しています。それに伴い、基幹システム一新を見据え、2020年から行動を開始しています。

SAP S/4HANA Cloud導入に関しては、導入支援実績が豊富な、株式会社シグマクシスの支援を受けているということです。導入プロジェクトは、2020年10月からスタートしています。

(画像はSAPジャパンホームページより)

▼外部リンク

SAPジャパン
https://news.sap.com/