SAP S/4HANAへの移行価値を仮想ボードゲームで学ぶ

2020年11月11日、SAPはSAP S/4HANAの仮想ボードゲームについて、ニュースを発信しました。このゲームは、ビジネス目標を調査し、戦略的に関連SAP機能に接続することにより、実際の企業の成功を支援するように設計されました。

ゲームの内容

ゲームは、調達やサプライチェーンなどの財務または基幹業務の観点からプレイできます。プレイするには、SAPの促進者的な役割となるSAPファシリテーターが必要で、プリセールスチーム、バリューアドバイザー、またはパートナーの立場となります。SAPファシリテーターは、チーム間のコラボレーションを促進し、プレイヤーはユーザーの関係者となり、ゲームを進めていきます。

ゲームにはいくつか目標があり、最初の目標はSAP S/4HANA機能の架空のユーザー教育です。その後、現在の運用について話し合い、移行の価値を特定していきます。このステップでは、ユーザーが移行価値を発見することで、ゲームの最終目標は、達成可能な結果を特定することです。

ゲームの開発の経緯

SAPは、SAP S/4HANAへの移行の価値とメリットをユーザーが理解する必要が高まっていると考えています。そのため、わかりやすいガイダンスの一つとして、ゲームを開発しました。このゲームをプレイすることで、SAP S/4HANAの価値を発見することができます。

(画像はSAP公式サイトより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/