SAPジャパン、SAP Customer Data Platformを発表

2020年11月11日、SAPジャパン株式会社は、SAP Customer Data Platformを発表しました。このプラットフォームは、次世代顧客データプラットフォームになります。

SAP Customer Data Platformについて

このソリューションは関連するタイムリーなマーケティングとともに、コマース、販売、およびサービスの再定義を支援しています。さまざまなデータをユーザーと結び付け、リアルタイムにあらゆるチャネルで利用可能にしました。使用するデータは、個人情報に配慮されています。

また、ソリューション提供開始は、2020年11月中の予定です。

有効性を高めるための重要事項

同ソリューションでは、ユーザーが顧客を増やし、有効性を高める4つの重要事項が実現できるよう、設計されています。1つめは、組織内すべてのデータソースとの接続です。

2つめは、全体的なデータプライバシー戦略による顧客データの尊重で、データが収集される主な目的を理解し、データ収集とデータ処理理由の透明性が高まります。3つめは、大量データの理解で、関連性のあるパーソナライズされたオムニチャネルエンゲージメントを提供するために必要なオーディエンス構築とアクティベーションのデータ基盤の管理を一元化することです。

最後の4つめは、ハイパーパーソナライズエンゲージメントで、適切なタイミングと場所で、優先チャネルと顧客条件に基づいた、関連性のあるエンゲージメントが実現します。

(画像はSAPジャパン株式会社 公式サイトより)

▼外部リンク

SAP Japan プレスルーム
https://news.sap.com/japan/