「aidoneo(TM)」(アイドネオ)

2020年3月16日、株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ(以下「NTTデータGSL」)は、AI業務改善サービス「aidoneo(TM)」(アイドネオ)の提供をスタートすることを発表しました。同サービスは、SAP社をはじめとする機械学習プラットフォームを利用して提供されます。

NTTデータGSLでは、同サービスの提供によって、デジタルトランスフォーメーションを推進していく方針です。

また、NTTデータGSLは、基幹系システムのコアとなっているSAP社のERPソリューション利用拡大を目指すプロジェクトを立ち上げました。SAP社の機械学習アプリケーション&プラットフォームなどのマルチクラウドサービスを、より活用していくためのプロジェクトです。

SAP ConcurとAIが連携

同サービスは、すでに株式会社リクルートホールディングス(以下「リクルートホールディングス」)への提供が決定しています。NTTデータGSLとリクルートホールディングスは、同サービスの提供に先立って実証実験を実施しました。

両社は、同サービス導入によって、「eー文書法」への対応がスムーズになるとしています。また、SAP ConcurとAIが連携した経費申請支援システムの構築が決定しています。

(画像は株式会社NTTデータ グローバルソリューションズホームページより)

▼外部リンク

株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ
https://www.nttdata-gsl.co.jp/