製造業における調達・購買業務を高度化

TIS株式会社は、2020年3月24日、同社が提供する『LinDo Applications 調達・購買業務高度化サービス(以下『LinDo購買』)』において、「SAP連携機能」を追加したと発表しました。

『LinDo購買』は、製造業における調達・購買業務を高度化するサービスです。追加された「SAP連携機能」は、SAP社の『S/4HANA』との間で見積もり査定結果情報や検収情報などのデータを自動連携するものとなっています。

業務シーンに合わせた形で活用できる

TISは、TISインテックグループにおいてSI・受託開発やITソリューションの提供などを手がける企業です。製造業において30社以上の導入実績を持つ『LinDo購買』の提供も、手がけています。

『LinDo購買』は、「ソーシング」「パーチェシング」「アンケート」「サプライヤー品質管理」という4つのモジュールで構成されるサービス。導入はモジュール単位でも可能であり、企業それぞれの業務シーンに合わせた形で活用ができる点が特長となっています。

同サービスではまた、バイヤーとサプライヤーのやり取りを効率化するサプライヤーポータルも実装。コスト削減や業務の効率化などの課題解決を、実現しています。

多くの企業で利用されている『S/4HANA』と連携

製造業の調達・購買業務では、二重入力や見積もり査定の属人化といった課題が多く発生するため、高度化および最適化が求められていました。そこでTISは、多くの企業において基幹システムとして利用されている『S/4HANA』と、『LinDo購買』の連携を企図。「SAP連携機能」の提供開始に至りました。

標準機能として追加された「SAP連携機能」では、発注情報と見積もり査定の経緯を紐づけて管理することが可能です。内部統制の強化および下請法違反のリスク回避にも貢献できると、TISは自負しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『LinDo Applications 調達・購買業務高度化サービス』に「SAP連携機能」を標準機能として追加 – TIS株式会社
https://www.tis.co.jp/news/2019/tis_info/20200324_1.html