『スマートファクトリープロジェクト』にて導入

SAPジャパン株式会社は、2020年3月25日、三井金属鉱業株式会社がSAPの『SAP Cloud Platform』などを活用し、銅箔事業の生産管理システムの運用を開始したと発表しました

この運用は、三井金属鉱業における『スマートファクトリープロジェクト』の取り組みとして実施されもの。同プロジェクトは、株式会社クニエも支援しています。

経験・勘から、画像解析・機械学習へ

三井金属鉱業は、銅箔事業を主力事業のひとつとする企業です。中期経営計画「19中計」において同社は、DX推進などのICT改革を企図。銅箔製品の生産管理領域でも、工場運営の業務の高度化・効率化・自動化・可視化を目指す『スマートファクトリープロジェクト』を開始し、そのためのツールとして『SAP Cloud Platform』『SAP Leonardo』などを導入しました。

同プロジェクトでは、習得に10年の期間を要していた製品検査処理・加工処理の「匠の技」を、自動化することに成功。経験・勘による判断から、画像解析・機械学習による自動化へと業務を変えています。

本格稼働の開始時期は、2020年5月頃

三井金属鉱業の『スマートファクトリープロジェクト』においてSAPのソリューションは、2019年12月から稼働を開始。本格稼働の開始時期は、2020年5月頃と予定されています。

なお同プロジェクトは、SAP本社が主催する『SAP Innovation Awards 2020』においてその成果が認められ、「Technology Disruptor Category」を受賞しました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三井金属鉱業、SAP Cloud Platformを活用した生産管理システムを運用開始 – SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/