『Mac Catalyst』をサポート

SAPジャパン株式会社は、2020年4月2日、『SAP Cloud Platform SDK for iOS』バージョン5.0の提供を開始すると発表しました。

SAPジャパンは、SAP社の日本法人です。今回リリースされる『SAP Cloud Platform SDK for iOS』では、『Mac Catalyst』をサポート。iPhone・iPad・Macの全てで動作する従業員向けアプリの開発・導入が可能となっています。

Mac独自の機能を追加できることも可能

『SAP Cloud Platform SDK for iOS』バージョン5.0は、Macユーザー向けエンタープライズアプリのエクスペリエンスを強化するためのプラットフォームです。

同プラットフォームでサポートされる『Mac Catalyst』は、iPadアプリと同じフレームワークやリソースを利用し、macOSでネイティブに動作するアプリを素早く作成できるツール。iPadアプリを容易にmacOSアプリに作り変えるだけでなく、Mac独自の機能を追加できることも可能です。

企業の開発者は、これらの機能によって直感的に操作ができるネイティブアプリケーションの開発が可能となります。

活発になっているマルチデバイス化の動きに対応

近年、世界ではマルチタッチ化とマルチデバイス化の動きがますます活発になっています。あらゆるタッチポイントへのアプリ提供が求められるこの状況に対応すべく、『SAP Cloud Platform SDK for iOS』は提供が開始されました。

同プラットフォームにより、『SAP App Center』や『App Store』などでも配信可能なアプリが開発できるようになります。

(画像はSAPジャパンの公式サイトより)

▼外部リンク

Macユーザー向けエンタープライズアプリのエクスペリエンスを強化 – SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/