SAP、4月~6月の対面イベントをすべて中止に

2020年3月26日、SAPは同社とASUGの2020 SAPPHIRE NOWおよびASUG Annual Conferenceをイベントからオンラインに変更すると、発表しました。コロナウィルスの影響により、イベント開催の断念を余儀なくされました。

同社は、オンラインイベントの参加者にユニークなデジタル体験の提供やビジネス成果の提供をしながら、双方向の情報共有を再定義していきます。

対面イベントの中止

同社は、4月、5月、6月に予定されている対面イベントを中止し、また、予定されているイベントの参加をしないと発表しています。

「今は異常な状態であり、異常なコラボレーションと新しい考え方が必要で、状況が変わったときに役立つ顧客やパートナーの関連コンテンツを作成することに尽力している」と同社グローバルチーフマーケティングオフィサー、Alicia Tillman氏は語っています。

同社にとって、お客様、パートナー、従業員の健康と福祉は、最優先事項になっています。そのため、4月~6月に予定していた対面イベントをすべて中止する決定をしました。

中止イベントについて

2020 SAPPHIRE NOWやASUG Annual Conferenceを含む、2020年4月~6月に開催される予定の、すべての対面イベントは、規模に関係なく、すべて中止されます。

すでに購入したチケットの払い戻し、または代替品に関する情報は、今後数日ごとに通知されます。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/