SAP Support Portal

2020年3月21日、SAPジャパン株式会社は、数多くリリースされるニュースの中でも、優先度が“最優先”とされる、「SAP Notes」の「SAP Support Portal 重要ノート(HotNews)情報 」を発表しました。

3月の“HotNews”としてとりあげられているのは、「不適切な計測値転送」、「マイナス配送費用、費用の方向」、「SAP NetWeaver UDDI サーバ(サービスレジストリ)におけるパス操作」などです。

ほかに、権限チェックの不備として、「SAP Solution Manager」のうち、“ユーザエクスペリエンス監視”と、“診断エージェント”について報告されています。

“HotNews”は1ヶ月に1回リリース

HotNewsは、1ヶ月に1回発表されます。2020年では、1月に3件、2月に2件リリースされ、3月は5件のリリースでした。ホームページで、2018年のリリースまでさかのぼって確認することが可能です。

SAP Notes/KBA(サポート技術情報)で、翻訳対象になっているものについては、日本語への翻訳を依頼することが可能となっています。また、日本語への翻訳は、自動翻訳機能を利用することもできるということです。

(画像はSAPジャパン株式会社ホームページより)

▼外部リンク

SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/japan/2020/03/2020-03-hotnews/