SAP、企業向けにビジネスの混乱をさけるサービスを提供

2020年4月2日、SAPはコロナウィルスの影響による混乱を企業が乗り越えるために役立つ追加サービスとその技術について、発表しました。同社は、企業が直面している問題(ソーシングの課題、出張の中断、リモート作業環境の管理など)に対処できるような商品を展開しています。

サプライチェーンの混乱に対処する商品

企業は、同社製品にアクセスすることで顧客やサプライチェーンで発生している変化を適切に管理、調整ができます。

SAP Digital Supply Chain、SAP Ariba、およびQualtricsソリューションは、混乱が発生する前に簡単に特定、対処ができます。これらは、無料で利用できます。

無料で利用できるオプション

無料で利用できるオプションの1つに、SAP Integrated Business Planning for Supply Chainソリューションがあります。シナリオプランニングを可能にし、サプライチェーンの影響、サプライオプション、および財務上の影響を評価します。顧客は、需要の変化と生産率の変化の影響をシミュレーションして、ボトルネックの解消やより強力な回復力を備えた構築が可能です。

Qualtrics Supply Continuity Pulseソリューションも無料で利用できるオプションです。Qualtrics Supplyは、SAP AribaおよびQualtricsソリューションの調達および経験管理の専門知識を組み合わせています。バイヤーがサプライヤーの状態を把握し、サプライチェーンの潜在的な混乱に関連する全体的なリスクを、プロアクティブに分析できます。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/