SAP.iO Foundry Paris

2020年4月10日、SAPジャパンは、SAP SE(NYSE:SAP)が取り組んでいるSAP.iO Foundry Parisのプログラムとして、新規のアクセラレータープログラムをスタートしたことを公表しました。今回のアクセラレータープログラムは、“人事(HR)テクノロジーと職場の未来”がテーマです。

同アクセラレータープログラムの実施期間は、12週間を予定しているということです。

選ばれたスタートアップは8社

同アクセラレータープログラムでは、“採用”、“タレントマネージメント”、“コラボレーションラーニング”に焦点を当てて活動しているスタートアップが選ばれました。選ばれたのは、5Feedback、360Learning、eLamp、Firstbird、RandomCoffee、Timeular、Workelo、Yogistの8社です。

上記の8社は、SAPのテクノロジー利用権のほか、SAPの顧客(5社)とのコラボレーション機会が与えられます。

今回のアクセラレータープログラムについて、SAP.iO Foundry Parisディレクターのセバスティアン・ジビエ(Sébastien Gibier)氏は、

これだけ多くのお客様のご支援を賜り、プログラム開始からスタートアップ各社と連携していただくのは今回が初めてです(プレスリリースより)

とコメントしています。

(画像はSAPジャパンホームページより)

▼外部リンク

SAPジャパン プレスリリース
https://news.sap.com/