実務支援の3つのサービス

4月15日(水)、グローウィン・パートナーズ株式会社は事業計画の見直しや減損検討などが迫られる上場企業の経営企画部門・経理財務部門向けに即効性の高い実務支援サービスの提供を開始することを発表しました。

具体的な支援サービスとしてプレスリリースで挙げられているのは、「事業計画の修正検討・作成支援」や「経理業務・決算対応支援」「バックオフィス部門のテレワーク導入支援」です。

グローウィン・パートナーズ株式会社は2005年の設立以降、多くの上場企業を支援してきた実績があります。

事業計画作成からテレワーク支援まで

新型コロナウイルスの影響で業務見直しが迫られる企業が多いことを背景に、グローウィン・パートナーズ株式会社は今回のサービスの実施を決定しました。

「事業計画などの修正検討・作成支援」では、事業リスクを洗い出した後、事業計画への影響に関する検討の支援と、それに基づいた事業計画作成のサポートに加えて資金調達やPMOの支援を行います。

「経理業務・決算対応支援」として実施するのは、税効果をはじめとした会計上の見積もり検討支援や証券会社・監査法人・税理士法人等との対応支援です。

「バックオフィス部門のテレワーク制度導入支援」においては、業務プロセスの可視化や見直しと同時に、情報セキュリティの検討やシステムの選定を支援します。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

新型コロナウィルス対策で課題を抱える上場企業の経営企画部門・経理財務部門向け新サービス提供開始のお知らせ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000042461.html