2020年4月~6月のデータを読み解く

7月27日(月)、株式会社エル・ティー・エスは、株式会社アサインナビのITビジネスマッチングサービス「アサインナビ」において、「コンサル領域需給バランスレポート 案件と人材データから読み解く、コンサル業界の市況(4月~6月)」を公開したことを発表しました。

株式会社アサインナビは株式会社エル・ティー・エスの完全子会社であり、「アサインナビ」によってIT業界で人材調達・案件開拓に取り組むすべての人に市況感を把握するためのデータを提供している企業です。

今回のコンサル領域需給バランスレポートでは、「PMO」案件の登録数が減少した一方、「PMO」人材の登録数が44%増加するなど、これまでの需給バランスに変化が起こったことがわかっています。

人材調達に役立つレポート

コンサル領域需給バランスレポートは、顧客からの人材調達依頼に対する提案や人材調達における適切な単価を知るといった場面で活用できるレポートです。

今回のレポートによると、2020年4月~6月の期間においてアサインナビに登録された案件数は1,068件、人材については635件でした。

コンサル領域における人材登録数の中でも、「ERP・パッケージ導入」のスキルカテゴリは案件の提示額が人材の希望単価を大きく上回る21万円となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

新型コロナウイルスの影響によるコンサル業界の変化を分析!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000032743.html