SAPコンサルタントとは、世界的に有名なソフトウェア会社であるSAP社の製品に特化したITコンサルタントのことです。ITコンサルタントのなかでも専門性の高いSAPコンサルタントは、キャリアを積めば年収1,000万円超えも十分に可能です。

今回は、このSAPコンサルタントがどういう仕事なのか、基本的なところを解説していきます。IT関係に興味のある人にはとくに相性が良いので、ぜひ最後までチェックしていただければと思います。

SAP社が目指すリアルタイム経営

SAPコンサルタントが何であるかを理解するうえで、そもそもSAP社がどういう企業なのかを知る必要があります。SAP社はドイツに本社を置く、ERPパッケージという企業に導入される基幹業務システムの分野で世界的なシェアを誇る大企業です。

ERPパッケージは全社横断的に導入され、社内の情報を統合的に管理するのが特徴です。従来は業務部門ごとにシステムがバラバラに導入されるのが一般的でしたが、これを統合することで、ビジネス環境の変化に迅速に対応した意思決定が可能となります。

SAP社は、このようなリアルタイム経営を実現するためのソリューションを提供しています。SAPコンサルタントは、企業がSAP製品を導入して経営のリアルタイム化を実現するお手伝いをしていくことになるわけです。

SAPコンサルタントの仕事内容

SAPコンサルタントは、クライアント企業がSAP社のERPパッケージを導入する際、クライアント企業に合ったかたちにカスタマイズを行ったり、導入後に保守・運用業務を行ったりするのが主な仕事です。

企業ごとに業務プロセスは異なりますし、SAP製品の導入範囲や導入目的もさまざまです。SAPコンサルタントは、クライアント企業とコミュニケーションを取りながら、ニーズを正しく理解することが重要となります。

通常、企業はSAP製品を導入するにあたって、業務改善によりビジネスの収益性を向上させることを期待しています。SAPコンサルタントには、単にSAP製品の知識だけでなく、時には会計や業務プロセスに関する能力が求められることもあります。

年収や求人、将来性について

気になるSAPコンサルタントの年収ですが、キャリアや能力によって幅があります。大まかなイメージですが、SAPコンサルタントとしてのスタートは500~600万円といったところで、実績を積んでいくことで1,000万円超の高収入も実現可能です。

SAPコンサルタントの需要は、SAP製品を採用する企業が増えると基本的に高まると考えられます。SAP製品はERPパッケージ市場において高いシェアを占めているため、求人が多く幅広い選択肢があります。

さらに、SAP社のERPパッケージの従来製品のサポート期限は2027年末となっており、今後は新製品(SAP S/4HANA)への移行案件が増加していくことが予想されます。SAPコンサルタントは不足しやすい状況にあるため、今はチャンスが多いタイミングと言っていいでしょう。

SAPコンサルタントとして活躍するために

SAPコンサルタントになるためには、コンサルティングファームにおいてSAP製品の導入プロジェクトに携わるのが一般的です。未経験であっても、システムの開発経験があれば転職のチャンスは十分にあります。

SAP社は、製品ごとに認定コンサルタント資格を設けています。コンサルティング業務を行ううえで必須ではないものの、SAPコンサルタントの求人の応募要件に設定されているケースもあります。難易度は高いですが、ぜひ取得しておくべき資格と言えます。

また、SAPコンサルタントとして活躍するうえでは、クライアント企業の業界知識・会計に関する専門知識・プロジェクトマネジメントのスキル等も有用です。これらをSAP製品のスキルと併せて業務に活かすことで、自分の付加価値を大きく上げることができるでしょう。

今は目指しやすいタイミング?

SAPコンサルタントは、企業の根幹をなすシステムを構築するという意味で、とてもやりがいのある仕事です。また、実績を積むことで1,000万円を超える高収入も可能で、かつ、将来性という面でも魅力的です。

とくに今は従来製品のサポート期限が迫っているという特殊な状況のため、SAPコンサルタントを目指すうえでチャンスの多い環境が整っています。興味を持った人は、SAP社について一度詳しくリサーチしてみるのもいいかもしれません。

(画像は写真ACより)